Elegant-Fashion

お気に入りのランジェリーを長持ちさせるために【洗い方を徹底解説】

女性らしさを演出

バストをキープする痩せ方

胸を測る人

ダイエットをして痩せることに成功したものの、一緒に胸のサイズも小さくなったという話は多くあります。その原因は、女性の胸は主に脂肪でできている点にあります。しかも胸は心臓に近く体温も高いため、脂肪も柔らかく、他の部位より燃焼しやすい性質があります。そのため、ただ身体の脂肪を落とすダイエット方法では、真っ先に胸の脂肪が減ってしまうことも多いのです。ですから、特に大きすぎる胸をサイズダウンしたいという場合でない限り、この部分の脂肪は減らさないダイエットをすることがポイントになります。そして、そのためにまず重要なのが、「揺らさない」ことです。それというのも、胸は揺らすと脂肪燃焼しやすいだけでなく、下垂や型崩れしやすくもなるからです。ですから、ダイエットに運動を取り入れる際は、スポーツブラなどでしっかりホールドした上で、ヨガやピラティスなどスローなものを選ぶと良いでしょう。また、「サイズダウンさせない」ことと並行して、「サイズアップする」努力を行うことも有効です。また、胸の形を崩さないためには、自分の胸のサイズに合った下着を購入することが大切となります。下着を販売しているお店では、お店の人に頼んでサイズを測ってもらえたり、試着できたりするので、購入する前に確認しておきましょう。また、通販などで購入する場合にも、前もって自分の胸のサイズを把握しておくと、迷うことなくスムーズに選ぶことができます。

すっきりしたデザイン

胸を測る人

胸のサイズは大きくても小さくても悩みが尽きないものです。とりわけ大きい胸のサイズのひとは、洋服などによっては胸が目立ちすぎるため、サイズを抑えたいと考える人も多いのです。この場合には体形を変えるというよりは、ブラジャーなどの下着を工夫して胸のサイズをダウンするとよいでしょう。最近ではバストのふくらみを抑えてくれるブラジャーが充実してきています。バストのボリュームを抑えることによって、全身のシルエットをスリムに抑えることができます。胸のあいた洋服の着用もきれいに決まるブラジャーも販売されています。バストのサイズをしっかりと抑えるために補正力が強いデザインや機能を備えているブラジャーが登場しています。カップの部分でバストをサイズダウンしてくれるため、バストの形を崩さずに美しいシルエットを作り出してくれます。また、補正下着だからと言って、シンプルなものばかりでなくレースをあしらったものや柄がプリントされたものなど、女性らしいアイテムも充実しています。ブラジャー以外ににもキャミソールにカップがつけられた補正下着も登場しているため、好みのスタイルを楽しむことができるのです。胸の張りや高さを調整してくれる機能があるブラジャーの場合には、体にぴったりのシャツなどを着用してもボタンがはちきれそうにならずにきれいに収まります。このような補正の下着を購入する場合には、自身のファッションスタイルにあった下着を探すことが大切です。

試着が大切

胸部測定

ブラジャーは、きっちり胸のサイズを測って試着してから購入するのが理想です。店員さんに見てもらうのは恥ずかしい、また、以前測ったことがあるからそのサイズで大丈夫、と思っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、胸のサイズは、日々変わると言っても過言ではありません。購入毎にサイズを測る方が、ぴったり合うブラジャーを購入することができます。自分に合ったブラジャーを着けることで、バストアップにもなり、姿勢も良くなります。胸のサイズには、トップとアンダーがあります。トップのサイズは乳頭のある位置を測り、アンダーのサイズは胸の膨らみ部分の下を測ります。トップとアンダーの差が、カップ数となります。差が10cmならAカップ、そこから2.5cm刻みでBカップ、Cカップとカップ数が上がっていきます。差が小さい方がAカップで、段々と大きくなっていきます。サイズもカップ数も、ぴったり一緒ということにはなかなかならないでしょうから、近いサイズやカップ数のブラジャーを選ぶと良いでしょう。ブラジャーは、きつさを調節できるものが殆どで、2段階または3段階調節できるホックが付いています。同じサイズやカップ数でも、メーカーやブラジャーによって、着け心地やきつさなどが違ってきます。形も色々なものがあるので、やはりできるだけ試着をしてから購入するようにしましょう。合わないブラジャーを着けていると、肩が凝ったりすることもあるので注意が必要です。