Elegant-Fashion

お気に入りのランジェリーを長持ちさせるために【洗い方を徹底解説】

妊娠中もおしゃれに

太って見えないデザイン

妊婦

女性にとって妊娠とは人生の一大事でもあります。お腹の中に自分とは違う生命が宿っているという幸せをかみしめられる時間でもあります。妊娠すると女性の体は劇的に変化します。つわりで食べ物の好みが変わったり、急にねむくなったり貧血気味になるなど、今までと違う体調の変化に戸惑うのが妊娠初期です。そして妊娠中期ごろから胎児の成長に伴い、母体は見た目からも大きく変化します。一番の大きな変化はお腹のふくらみです。胎児がいるお腹まわりがふくらんできて、今まで着用していた洋服が入らなくなるとマタニティウェアの出番です。マタニティウェアは一昔前の昭和初期頃はワンピースのようなスタイルが一般的でしたが、現在のマタニティウェアはとてもおしゃれにスタイリッシュに変化しています。お腹に負担をかけず、それでいておしゃれなデザインは、妊娠中でもおしゃれに気を使う妊婦に人気があります。昔のようなダボっとしたワンピースではなく、ジーンズやチュニック・スカートなどがマタニティウェアの定番になりつつあります。特にジーンズはぴたっとしていることで妊娠中には身に着けないものという認識がありましたが、今ではパンツスタイルもマタニティウェアとして取り入れられています。お腹まわりを広めのゴムのデザインにし、お腹にすっぽりと包みこみますが、ヒップから通常のジーンズと同じデザインになっているため、お尻から足へと続くスタイルが細く見えると人気になっています。

産後も使える服が人気

妊婦

マタニティウェアとは、妊娠中の体形に配慮した服のことです。例えばトップスならお腹周りをゆったりとカバーする形だったり、ボトムスならウエストがゴムやリブで伸縮するようになっていたりと、大きくなっていくお腹に対応した機能性が特長です。そして、マタニティウェアには、妊娠中のみ着るものと、産後の授乳時期にも利用できる2wayのものと2種類あります。このうち、長い期間使えることと、産後もすぐに体形が戻るわけではないことを考え合わせて、最近は後者のマタニティウェアが特に人気を集めています。また、最近はマタニティウェアも進化し、ゆったりと体形カバーしつつもお腹以外はスッキリ細見えを叶える高機能なものも増えています。また、可愛い系や綺麗め、ナチュラル系など、マタニティウェア自体の種類も豊富になり、さらにサイズ展開も幅広くなっています。そのため、妊婦でも自由にお洒落を楽しむことが可能なのです。そして、マタニティウェアはリーズナブルな価格から揃えられるのも大きな魅力です。特に産後、授乳が始まると、服はどうしても汚れやすくなりますから、洗い替えや予備で何枚も必要になります。そんな時、数千円からと惜しみなく着られて使いやすい価格帯のマタニティウェアが便利なのです。ですから、それらの点も考えて、マタニティウェアを購入する際は、「産後も使えるか」「体形の変化にどこまで対応できるか」を主眼に選ぶと、長く使えてお得です。

妊娠中もおしゃれに

お腹

最近のマタニティウェアは可愛いデザインの物が数多く販売されています。妊娠中であってもお洒落を楽しみたいという女性の声に応えて、服飾メーカーも新たな路線を打ち出しているのです。マタニティウェアと言えば、一昔前は青か紺のどちらかでした。デザインもジャンパースカート型だけという、レパートリーの狭さでした。妊婦さんの改まったお出かけの時は、妊婦服の上にゆったりしたお洒落ジャケットを着るのが常でした。ところが、現在では、様々なデザインのマタニティウェアが溢れています。余所行き用のマタニティウェアも珍しくなくなりました。妊娠中のお出かけも、美しく楽しくが今の常識となっています。そして、更に新しい傾向として、出産後も着られるウェアとして定着してきています。せっかくお洒落に作られていても、妊娠期間中だけしか着られないのはもったいないことです。マタニティウェアは、安くても1着2、3万円ほどするので、妊娠期間が過ぎても着られる服が望ましいのです。妊娠期間中はウェストの緩い妊婦服であっても、体形が元に戻った時は、ウェストベルトで細く見せる工夫が凝らされた物が数多く出回っています。また、ちょっと活動的なマタニティウェアでは、ファスナーでサイズ調節できるデザインが人気です。お洒落なマタニティウェアは、ネットの古着オークションでも人気が高いといいます。マタニティウェアをより安く手に入れたいという人には、古着オークションもお勧めです。